謎の踊るダメ人間ヽ(゜∀。)ノ
プロフィール

かいちょー

  • Author:かいちょー
  • ども。かいちょーです。
    謎ブログですが、新星雲公式ブログになりました。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
Powered By FC2ブログ
Template By oresamachan



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何か、勘違いしていないか。
http://mainichi.jp/select/wadai/news/
20071018k0000e040038000c.html


リタリン:乱用に歯止めでも「患者救済につながらない」
 向精神薬「リタリン」の乱用問題で、厚生労働省が、うつ病への処方を認めない方針を決めたことで、処方する医師や薬局が登録制になるなど流通管理も徹底される。乱用には歯止めがかかるが、依存症に苦しむ患者や家族からは「薬の流通を絞っても、薬物依存専門の治療施設がほとんどない現状では、患者の救済につながらない」との批判が出ている。

 「処方が厳しく制限されるのは大賛成。でも、今依存している人をどうするかが重要だ」。東京都中野区の男性(35)は指摘する。7年前にリタリンの服用を始めた。2年前からは、医療法違反の疑いで都などの立ち入り検査を受けた東京クリニック(新宿区)にも通院し、服用量が急増。多いときには1日20錠以上も飲んでいた。男性は会社を休職し、都内のデイケアに通うなどしたが、依存症は治らなかった。「治療の方法や内容に不満があった。専門の治療施設の少なさを痛感した」という。

 男性は今月初めから約2週間、数少ない薬物依存の専門治療施設の一つ「赤城高原ホスピタル」(群馬県渋川市)に入院し、リタリンからの離脱に成功した。男性は「国は供給源を断つだけでなく、私のような依存者を治療し、支援する体制をつくる必要がある」と訴える。

 うつ病への適用除外などを求め、厚労省に要望書を提出していた家族会の女性は「うつ病に使えなくなったことは大きな前進。企業側が、薬の流通を管理する仕組みを早急に確立することが次の課題だと思う」と話す。長男を自殺で失った名古屋市の小原幸子さん(55)は「こんな対策をとらなければ、医師や薬を管理できないというのが残念で仕方がない」と語り、「依存で苦しんでいる人をどうやって立ち直らせていくのか。問題は山積している」と話した。【精神医療取材班】

毎日新聞 2007年10月18日 11時38分



 何か、根本的なところで、毎日新聞は勘違いしているのではないだろうか。

> 多いときには1日20錠以上も飲んでいた。男性は会社を休職し、都内のデイケアに
> 通うなどしたが、依存症は治らなかった。「治療の方法や内容に不満があった。
> 専門の治療施設の少なさを痛感した」という。

 彼が治療すべきは、リタリン依存なのか?
 否、鬱病である。

> 男性は今月初めから約2週間、数少ない薬物依存の専門治療施設の一つ
> 「赤城高原ホスピタル」(群馬県渋川市)に入院し、リタリンからの離脱に成功した。
> 男性は「国は供給源を断つだけでなく、私のような依存者を治療し、支援する体制を
> つくる必要がある」と訴える。

 最も重要な問題が抜けているのだ。
 この男性の鬱病は緩解したのか、ということだ。
 7年間のリタリンの服用ということは、十分に、難治性の鬱病であると考えられる。
 それが、僅か2週間の入院で緩解したのか?
 ならば、最初からリタリンなど服用せず、入院加療すれば済んだのではないだろうか?

 ADHDやナルコレプーシーと違って、鬱は、基本的には治る、軽くなる病気だ。
 私のように何十年も滅入った気分が続き、歳と共に動くのも億劫になる。
 そんなのは、極一部だと思う。思いたい。たくさんいるんだったら、可哀想すぎる。

 ニコチンの依存は、煙草をやめれば抜ける。
 アルコールの依存も、酒をやめれば抜ける。
 リタリンの依存はリタリンをやめれば抜けるだろう。
 だが、何のためにリタリンを処方されているのか、という観点が抜けていないか。

 彼は、リタリン抜きでも、十分に社会生活が送れるように恢復したのか?
 それならばいい。
 それならばいいのだが、「リタリンをやめました」だけでは、鬱は治っていない。

> 「うつ病に使えなくなったことは大きな前進。企業側が、薬の流通を管理する仕組みを
> 早急に確立することが次の課題だと思う」と話す。
 何が前進したというのだろう。
 鬱病に使えなくなったら、鬱病で、眠気が強かったり、動くのも億劫な人間は、皆、じっとしていていいというのか。
 この人達が、私の代わりに、掃除や洗濯や炊事をやってくれるのか?
 「何年も鬱に苦しんでいる人は、本人も家族も職場も大変なんですから、フォローアップしましょう」という体制を組んでくれているのか?

> 長男を自殺で失った名古屋市の小原幸子さん(55)は「こんな対策をとらなければ、
> 医師や薬を管理できないというのが残念で仕方がない」
 ご長男も若かったのだろう。
 同じ家に暮らしながらご長男を救えなかったご母堂の苦しみはいかばかりか。
 しかし、その自殺は、リタリンのせいではないのだ。
 鬱とは、そういう病なのだ。
 ご長男と何年共に闘病されたかはわからないが、きつい言い方をすれば、ご母堂はまだ、鬱という病気を理解しておられなかった。
 リタリンを使ってでも頑張ろうとされたご長男。
 もしかしたら過剰摂取になっていたかも知れない。
 だがそれは、コントロールすれば減らせるものなのだ。
 そして、ご長男が自ら選んだ死の選択のトリガーは、リタリンではなく、鬱なのだ。


 リタリンは死のトリガーに、なるかもしれないけど(鬱過ぎて死ぬ気力もなかった人が、「よっしゃ、一丁首でも括るか!」というくらいに元気になっちゃったりするからね)、「リタリンを飲んだので死にたくなりました」というのは、どうかな。
 タミフルを飲んだのでトンピンになって飛び降りてしまいました、くらいの確率なんじゃないだろうか。

 適当なことをブチあげて濫用する人は、確かに、イカンと思います。
 それは、酒でも煙草でも、麻薬でもシャブでもそうです。
 少しなら薬になるけど、たくさんなら毒になるんです。
 何でも。
 頭痛薬でも。
 軟膏でも。

 リタリンは、効く量とラリラリになる量が、もしかしたらかなり離れてるんじゃないかと思います。
 寝なくはなるけど、ラリラリへの道は遠いです。多分。

 鬱の薬や精神安定剤は、脳に作用する薬です。
 眠くなることがあります。
 ちゃんとそう書いてある。

 寝ちゃイカンからリタで起きておく。
 それは、「この薬は強いですから一緒に胃薬を出しておきますよ」っていうのと同じなんです。
 何より、鬱の人は働きが悪いので、そこそこビンボです。
 リタリン1錠11.20円。
 ヒロポンだと295.20円。
 いや、ヒロポンをご家庭用に処方してはもらえないけど!
 オイラ、無職ですから、この差は大きいです。
 そして、ちょこっと福祉のお世話になっているので、これの1割ばかりを福祉から出していただいている。ただでさえ申し訳ないのに、薬代が高くなったら更に申し訳ないじゃないですか。本当にうっかり首を括らないようにしないと。オマエら私が吊りそうになったら止めれよ。

 何でワカランかなあ。
 何でこんな効率の悪いものでラリラリしようとするかなあ。
 何で、一部のラリラリちゃんのために、こんな安くて財布に優しい薬が没になるかなあ。

 だれか、鬱の私に、鬱でもできる小仕事をください。
 時々、突然寝ます。
 時々、記憶喪失になります。
 時々、パニコちゃんになります。
 でも大丈夫ですから! リタリン飲んでたら、少なくとも、寝ませんから!<重要なんだけどなあ、ここ。


スポンサーサイト

テーマ:医療・健康 - ジャンル:ニュース

リタリンという薬について。
http://mainichi.jp/area/aichi/
news/20071003ddlk23040064000c.html


リタリン:患者33人に3880錠 県立城山病院、5カ月間で /愛知
 ◇県「現場信じたい」

 県内の精神科の中核病院である県立城山病院(名古屋市千種区)で、向精神薬「リタリン」が今年4?8月の5カ月間、患者33人に対し計3880錠が処方されていることが2日、分かった。9月定例県会健康福祉委員会で、県側が明らかにした。

 リタリンを巡っては、覚せい剤と似た成分を持つことから乱用が問題視されており、質問した中村友美氏(民主)は処方について慎重な対応を求めた。これに対し、病院事業庁の外山淳治・庁長は「現場が処方すべきだと判断したので、それを信じたい」と答弁した。【武本光政】

毎日新聞 2007年10月3日



 何だか、リタリンバッシングに見えて仕方ないんで、ちょいと。
 目の前の箱>スタート>プログラム>アクセサリ>電卓。
 3880÷33÷5=23.515151515151515151515151515152
 一人当たり、1日に1錠以下という処方。
 乱用どころか、普通にそれ、「少なすぎて効かない処方」なくらいじゃないだろうか。
 もちろん、1日に半錠で済む人もいれば、頓服的に出されている人もいるだろうから、一概に「少なすぎる」と判定はできないんだけど。

 今、効果がある(見せかけかも知れないし、結果的に、長生きできない気もするけど)人のいる薬を、マスコミや、第三者が叩いて、結果的に人が生きづらくなっちゃうのって、マズくないだろうか。
 濫用する人、それを助長する人(安易に処方するお医者とか、横流しする人とか)が悪いのであって、薬が悪いワケじゃない。

 何か、勘違いしていないか?
 薬は、毒にも薬にもなる。
 酒だってそうだ。
 タバコだってそうだ。
 コーヒーやお茶だってそうだ。

 鬱、保険適用外にしない方がよくないかな?
 いっそ保険以外で出せないようにして、保険証と処方をリンクさせるとか、障害者自立促進云々とコミコミにして、それ以外出せなくするとか。
 だってさ、リタリンって抗欝剤じゃないもん。
 鬱の人が、自立できるような補助薬だもん。

 とか、素人考えを書いてみたわけですが、まあ単に、オイラも鬱が長いよ、ってだけでしてね。
 リタ入れないと寝ちゃうっていうか、入れたら起きてるっていうか。
 起きてるだけなんですけれどね。
 寝ててもいいんだったら寝てるけど、ぬこととーちゃんのごはんの係が寝っぱなしでは、ちょっと困るような気がします<他にやることはないのか<あるんだけどさ<なら、リタでも何でもいいから起きろよ!!!

 リタリンの依存なんて気のせいです、と、私が断言するのは、控えようと思います。
 ビンボだからってあっさりタバコをやめた人間にいわれても、信憑性、ないっしょ? もしかしたら、依存してる人もいるかも知れないから。
 けどさ、ニコチンにしても、いっぺんに(1日に、じゃないぞ)70本とかやらねっしょ? リタリンも一緒ッスよ。いっぺんにカーッといったら、それは死ねるんじゃないですか? ほら一応、脳に作用するお薬なんだし。

 寝ちゃうからってエスタロンモカ1日3本入れたら、胃とか、死ぬじゃないですか。
 リタリンは、胃とか死なない。
 エスモカより優しい。絶対。
 いやいやいや、徹夜原稿のためにリタ入れたりしてないですから、オイラ!
 つかそれはもう無理。
 エスモカも無理。
 同人誌は出せる範囲で。
 それが、オバチャンのポリシー。
 どんなピンチの時も絶対諦めないけど。
 ごめんね素直じゃなくて。
 しかしなんですね、セーラームーンも放送終了10年ッスね。
 年取るわけだよ、って、セラムンの時点でもうオバチャンだったことは、ボクとキミとの、超ヒミツだぜ!
 ついでに、セラムンのころからずーっと鬱病のターン!<だめすぎ。


アフィリエイトについて考えたこと。
 友だち、つか。会員ですな。
 ブログでアフィリエイトをやっているのだが、どうも微妙に流れが胡乱で気になっている。

 気になってる、と、ネタを投げっぱなしでも失敬なので、さっき車を運転しながら考えてみた<危ないって。
 ただアフィリエイトの宣伝を並べたブログより、集客力があるのは何だろう。
 そして、ボク等にできるのは何だろう。

 集客を見込むためには、ある程度、定期的な更新が必要だ。
 いつもこの頃ここに来れば新ネタがある、という状況だ。

 しんせーうんでは、一番動いているコンテンツがチャットだから、チャットの出入り口にアマゾンのプログラムを貼り付けている。
 チャットのネタでいいものが出たら、そこで、直リンクを貼り付ける。
 有り難いことに、わざわざ「今からアマゾンでこれを買うから、直リンクを作れ、クリックしてやる」と言って下さる方もいる。
 チャットという、インタラクティブにもほどがあるツールだからできる技だとは思うけど。
 しかし、夜な夜なチャットに入り浸るのも、無理なときは無理。

 毎日ブログを書くのが苦にならないなら、それもありだろう。
 しかし、毎日ネタを供給してくれるような、例えば子猫がいるとか、頭の悪い犬がいるとか、生協の白石さんを囲っているとかでないと、自分のネタだけでは限度がある。

 さて。
 どうしようかね。


[もうちょっとだけ続くんじゃ]
801橋商店街のやおいちゃん
 http://www.kics.gr.jp/kita/801office/yaoichannews.htm

 こちらのサイトだが。

 あまり虐めてやるなよ、という気分になってきた。
 誰か止める人はいなかったのでしょうか。

銭金の絡むこと。
http://leon1.keyblog.jp/blog/a/10004011.html

 銭金が絡むと、人が変わるということは、ままある。
 だから、銭金の絡む記事を書く時は、自分のスタンスを明確にして、できうれば一目見てわかるような書き方をした方がいいと思う。

 特に、ウェブ上のページは、目に見えたそのページがすべてだったりするわけだ。
 書き手がどんな人なのか、別のページや別のサイトで、どんな活動をしているのか、なんて、検索でとんできたヤツの知ったコトじゃない。
 読めと共用することはできない。
 だから、「この1ページ」が勝負になる。

 特に、ブログとか掲示板とかの、いわゆるインタラクティブコンテンツの場合、ぱっと見た記事と、読んだ人が踏んだリンクだけが勝負だ。ムカついたが最後、「Shine!」と燃え上がることだって有り得る。
 そして、怒りの炎が燃え上がったら、その場で叩き付けるってことは、十分に有り得るわけだね。だって、それが可能なんだから。
 例えば、「文句がある>管理人へのメールアドレスを探す>メーラーを立ち上げる>書き始める」というプロセスがあれば、その間にちょっとは頭が冷える。
 けど、そこにコメント欄があると、冷える間がない。

 そういう、ブログとか掲示板の性格を踏まえて記事を制作しないと、いとも簡単に、コメントがフレーミングを起こす。

 「ネットで小銭を稼ぎたいから、片っ端からリンクを張っている」のか、「笑えるサイトがあったから、おまいらにも大笑いを分けてあげたい」なのか。
 そういうスタンスを明確にしておかないと、万一「ここ荒らせ!」と思ったら、いっくらでもつけ込まれる。
 リアルでの書き手の性格なんて、誰も知らない。
 私は大悪人でぃす、と言っても、自虐なのか願望なのか露悪なのか、本当に悪い人なのか、リアルの私を知らないと、多分、わかるまい。リアルの私を知っててもわかんないかもしれないのにね。

 さてここからマジレス。
 この記事へのひとつ目のコメントの原因は、「書き手の人となりがわからないから、取り敢えず目に付いたリンクに噛み付きました」というところだ。
 なぜそのリンクに噛み付いたか。
 それは、ただのリンクじゃなくて、アフィリエイトのリンクだからだ(わかりやすくて笑っちゃうぜ。暗号化くらいしておけよ莫迦サイト、というツッコミは、またあとでな)。
 このリンクを踏んで、詐欺(と、彼(?)は判断したわけだね)サイトに誘導される>詐欺の片棒を担いで小銭を儲けようとしている?>この人は詐欺師だ、悪人だ!>SHINE!!!!

 私はたまたまリアルで知っているから、悪人じゃないことも知ってるし、性格だってわかってる。
 だから、一緒に笑う気満々でいられる。
 けど、このコメントを書いた人の気持ちも、ちょっとわかる。
 あーやっちゃったよ、と、頭を抱えた僕がいる。

 アフィリエイトでも広告バナーでも、それに期待しているのなら、勉強した方がいい。
 時間をかけて体得するもよし、専門書の何冊かを一気読みするもよしだ。

 私は、時間をかけて体得したタイプだと思う。
 ヤフログには「Yahoo!が用意した」アフィリエイトのリンクを張っている。規約内のリンクだし、万一何かあっても、張った私だけじゃなくてYahoo!も責任の一端があるってもんだ。
 私が発掘してきて貼ったなら、私が、この私が、かいちょーが、自信を持って「まあぼちぼちだ」とお勧めできるレベルのモノだと思ってくれていい。
 ジャストシステム(メイドインジャパンのソフトを使おうぜ!)、アマゾン(一応ちゃんと、モノは届くぜ!)、BTOのパソコンメーカー(家電屋で高いオールインワンを買うことはないぜ!)、みたいに、お勧めするには根拠がある。
 けど、単に「サイトに広告が表示されるのがイヤン」だから貼ってないだけだ。ビンボー人が見た目に拘ってどうする、ってヤツだけど、だってやなんだもんよ。

 「このリンクは、これがオイラのこだわり」今風にいえば「それが俺のジャスティス!」ってヤツか。
http://d.hatena.ne.jp/hatenadiary/20050906/1125977464
 つか、これって、ブラックなの? ねえ、ジャスピオン関係ないの?<誰に訊いているんだ?

 拘ってるかい?
 そして、信じる正義と、己の立ち位置は明確かい?

 あとアレだ。
 揉めそうな内容は、ハンドル変えるのもいい方法だぜ。

 多分、オイラが楽天広場におきっぱなしのアカウントは、誰も探し出せてないと思うよ・・・・・別ハンだからね<別ハンの可否は置いておいて、案の定、一時燃え上がりました。祭だワッショイ!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。