謎の踊るダメ人間ヽ(゜∀。)ノ
プロフィール

かいちょー

  • Author:かいちょー
  • ども。かいちょーです。
    謎ブログですが、新星雲公式ブログになりました。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
Powered By FC2ブログ
Template By oresamachan



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

物語としてのWeiβ
 物語は、宝探しと敵討ちに大別される。
 宝探しとは、必ずしも金銀財宝を探し出すことではない。
 ボーイ・ミーツ・ガールも宝探しであるし、人生の目的を見出すこともまた、宝探しである。
 敵討ちも、必ずしも仇討ちとイコールではない。
 過去の“何事か”を乗り越えることは、往々にして、その“何事か”に対するリベンジだからだ。
 Weiβを、この物語論に従って分析してみる。

 アヤの目的は敵討ちである。
 と、いうことは、主人公であるアヤの物語は、鷹取玲司を討ち果たした時点で、完結したことになる。
 が、しかし、鷹取玲司を討っても、アヤのもう一つの目的、宝探しの部分、つまり彩ちゃんの覚醒という叶う望みのない宝探しは果たされなかった。そこで、SS編に於いて、彩ちゃんの覚醒が描かれ、ここでアヤの二つの命題は達成されるわけだ。

 ケンもまた、二つの目的が描かれる。
 自分を陥れたクリーパーへの「敵討ち」と、名誉を回復するという「宝探し」である。
 敵討に関して、「飛鷹と加瀬の共通の仇であるクリーパーを討つ」目的が、結果的に「加瀬を討つことでしか果たせなかった」という、ケンにとっては「終わりきっていない」結末を得る。
 そして、名誉回復の部分については、全くと言ってよいほど、描かれていない。
 つまり、ケンの物語は、今の時点で未だ、完結していないのである。

 オミの目的は、宝探しに尽きる。
 真実、つまり、自分の出生を知り、自分の人としての立脚点を得ることである。
 これに関しては、不確実ながら達成されたとみてよいだろう。

 ヨージの目的は「生きる証を求めるため」であった。すなはち、宝探しである。
 が、ヨージは敵討ちを果たし、宝探しを始めたとたんに、見出した宝=明日香を自分の手で永遠に失う。
 ヨージが「生きる証」を得るために、一旦、人生をリセットするという方法を採ることになったのが、今回のグリーエンの最終回である。
 ここで「生きる証」を得てしまったヨージの物語は、完結してしまえるのかも知れぬ。

 Weiβの物語の主題は、宝探しなか、それとも敵討ちなのか。
 これに関しては誰も深く考えていなかったように思う。
 広げきった風呂敷を畳には、Weiβの物語を「宝探し」にするのか「敵討ち」にするのかを決断することしかない。
 そうしなければ、物語は終わり得ないのだ。
スポンサーサイト
早っ!
 月曜日にメール差し上げたオミ受けサイトのお嬢様、さっそく、対応して下さったようです。早~っ。
 サイト管理者、かくありたいものです。

 ここのURLは教えてないので、読んでいないことは解っているけれど、「ありがとう」と、申し上げたいです。
 ついでに、「ウィルスばらまいてゴメン。もしかしたら感染させちゃったかも。あなたのマシンもチェックしてみてね」みたいな記載をトップにしてくれると、オバチャン、もーっと嬉しいです。

 確かに、「自分のミスで迷惑掛けた」ことについて、「ごめんなさい」っていうのは、とっても恥ずかしいとは思うんだよね。
 だけど、それを「修正したからこれでオッケー」で済ませてしまうと、「気づかずに感染していたサイト利用者」が、再度、レッドロフ君を気づかずばらまく加害者になる可能性があるわけです。
 これって、ウィルスに限らず、かなり重大なマナー違反みたいな記載を長期間掲載していたケースなんかにも、当てはまったりするんだよね。

 例1。「隣の人の手をぎゅっと握って、トモダチだよね」と、<b>掲示板</b>に書き込む<Weiβ者限定ダビングネタ。
 例2。じゃすらっくが思わず課金したくなるような<b>コンテンツ</b>を、思いっきり掲載する<替え歌もダメなんだぜ!
 例3。公式画像を臆面もなく掲載し、あまっさえ、解説文も公式と同じ。

 悪事はメールで<私は推奨はしてませんぜ、いやマジで。都知事座ってる計画? うむ、あれは、頓挫じゃ、諦めてくれ<そーでなくて!
 「じゃすらっく」と「でずにー」は、やるときは本気と書いてマジでやる<ホントだって!
 同人者なら、捻りなさい<問題のすり替え。

 ペルシャの指令無しに人を殺したら殺人だ=裏付け無しに「ま、いっか」でしでかしたこともしょっ引かれる時はしょっ引かれる。
 でもさぁ、アーやん。
 ペルシャ様の指令でも、タダの人殺しですぜ?

 例題が妙で、わかりにくかったら、スマンですm(_ _)m
 以上っ。
レッドロフ君警報
 特に、Weiβ系の皆さま。
 今度は、洒落になってません。
 <font size=4 color=#ff3366><b>オミ受けです。</b>ついでに、ヤツのファンです。すなはち、そこはアナタの立ち回り先の可能性も!</font>

 今回も某チャット常連さまの尊い犠牲によって、確認されました。
 あなたって人は、何て類い希な・・・。
 何しろ、ワタクシ、お気に入りに入っているWeiβファンサイトはリアルの知り合いばかり。万一引っかかっていたら、速攻電話できる人ぱかりと言っても過言でない。あ、一人、もしかすると住所しか知らないかも。
 それはそれで、如何な物かとは思いますが、何しろWeiβといえば自給自足です。
 ていうか、今、スレイプニールの方で日記付けているんですが、「お友達サイト」として15人登録している内、電話番号を知らない気がする人が一人。気がするだけかも知れないという辺りが、如何ともしがたく・・・(^^ゞ
 友達自慢はさておき。
 #自慢できる友達が居るって、いいよね。

 レッドロフ君の情報は、
http://www.symantec.com/region/jp/sarcj/data/h/html.redlof.a.html
 無料オンラインスキャンは
http://housecall.antivirus.com/housecall/start_jp.asp
 レッドロフ君には、無料駆除ツールはありません。
 感染が発見された場合は、手動で駆除してください。
 頑張れ、オミ受けのお嬢ちゃん! オバチャンは応援しているぞ!

 なお、このネタ、<a href=http://page.freett.com/weiss/ target=_blank>Weiβ問題研究</a>にも、軽く、上げてありますです。
The End of 怪しい講習会
 散々触れ回ったので、結果報告を。

 <b>合格証書</b>というのが届きました。

 <b>修了証書</b>ではなくて<b>合格証書</b>というのが、ミソです。
 自尊心をくすぐられます。
 <b>おそらく、受講者全員、合格だと思いますが。</b>

 講習会のレベル自体は、そこそこ高いんですよ。これ、無料で受講させてくださるのですから、文句言ったらバチが当たるです。
 ていうか、テキストがね。
 これだけで、交通費の元が取れる感じです。
 本当に。

 でもって、試験自体も、真面目に取り組んでいなかった私は1時間くらいで出てきてしまったけど、それでも取り敢えず穴埋め指揮だから穴は埋まったぞ、っていう程度のレベルで、それほど難しくはないです。
 24時間の講習会に着いていけるレベルで、かつ、試験の問題がお手上げでなきゃ、確かに“全員合格”でしょう。

 因みに、ちょっとURL長いんですが、
http://www.pref.fukuoka.jp/wbase.nsf/98aeab5db7ae34a949256b0000279dea/5b69918b2992c58049256c7f000cdcb9?OpenDocument&Highlight=0_r225ei449so890l8gheth15ck226o444jf088vrgginoh145d226v8449rc_
 これ。ご参照下さい。

 てなワケで、当県にお住まいの皆さん。
 って、あんまり人数居ないんですけれど、その、八女のあなた(別にダメってことは無いよね?)とかワシの妹とかな。
 来年度あったら、タダだから行ってみれ。
 テキスト代分、お得であるぞ! いや、マジで!
この辺で、最終回感想。
 書いているのはもう、24日(月)なワケなんですが、初手から泣き入れます。

 <font color=#ff3366 size=5>力尽きていいですか?</font>

 もし「なぁんだ、御厨って真面目なWeiβファンじゃなかったんだ」って思われてもいいです。
 へたれてこそWeiβ、綺麗にまとまったらWeiβじゃない、っていうご意見も、納得の上で。

 これがあなたが望んだWeiβなのね?

 間違えないで欲しいのは、私はWeiβKreuzGluhenを否定しようとして書いているわけではないです。
 これもまた一つの終わり方だと思っています。
 ただ、<b>終わってないな</b>とは思うのですけれど。

 完結編としての位置づけには、残念ながら、これ、なり得ないと思います。
 というか、Weiβはもはや大団円を迎えるチャンスを失った物語になってしまったな、とも思います。
 もし、こういう展開を望むのだったら、Weiβは「必殺」にするべきだった。「必殺」であれば物語が無限に紡がれようと、キャラクターが入れ替わり、立ち替わろうと、「ペルシャ」或いは「アヤ」が存在する限り、物語は無限に作れるからです。<font color=#ffcccc>つまり永遠のアヤオミ<待てぃ、自分!</font>

 しかし、SSという「仮想敵」を作ってしまった時点で、Weiβは「SSを屠る物語」以外の完結のさせ方を失ってしまったわけです。
 つまりは、ライダーがショッカーを倒すまで、例え1号ライダーが怪我をしても2号ライダーを出してまで続けざるを得なかったように、2号Weiβ、WeiβV3を出してでも、完結させざるを得ないのと同じですね。
 ウルトラマンは、怪獣を倒し倒し倒し、そして、ついにゼットンという敵わない強敵の凶弾に倒れ、借りていたハヤタの肉体をハヤタに返し、ウルトラマンは地球を去る、しかし、怪獣の脅威は去ったわけではない、そのために科特隊は今日も戦い続けるのです、というラストが作れるわけです。

 ネバーエンディングストーリーは、「バスティアンは、物語の世界から現実に戻らなくてはならない」物語です。本を開けばまた、物語の中に帰っていけるとしても。
 終わりのないラブソングは、「双葉が竜一と生きる道を選んだ」時点で「物語としては完結」しうる。

 物語としてのWeiβは、一体どこに、その「永遠の終章」を見いだすのだろう。
 
手みやげ
 ハウステンボスで買ってきた物を、お裾分けします。
 トップページの告知に従って、メール下さいです。

 しかし、我ながらいい加減な告知です。自覚は、しています。
<font color=#ff0033>
 <b>追伸。
 長崎県の方からのご応募に限り、ミッフィーorエッシャーを「福岡県の物」に変更することも可能です。
 どこか掘れば、スペースワールド物の年代物が発見されるのではないかと思います・・・。
</b></font>
森の家に行って来ました。
 長崎はハウステンボスに。タダ券が当たったので、行って参りました。
 <b>既に運を使い切ったと思います。</b>

 折しもチューリップ祭り開催中で、右を向いても左を向いてもチューリップ。
 並んだ、並んだ、赤白黄色。どの花見ても、前日の雨でお気の毒です。

 アトラクション関係は、時間の都合もあって半分くらいしか見られなかったのですが、まあまあです。
 個人的には、「クリスタル・ドリーム」というところで演っていたバレエとCGと噴水(水芸、と書こうとしちゃったけど、多分違いますね?)を組み合わせたようなのの解説が、<b>白黒版003</b>の鈴木弘子さん、という辺りに、懐かしい(?)物を感じてしまいました。予告編との触れ込みですが、何しろ<b>ニジンスキー</b>のダンスを<b>現代的に解釈</b>した上、<b>10分</b>にまとめてあるのですから、解説していただかなくては何がなにやらサッパリです。

 東京ドーム33個分の敷地、と、言われましても、東京ドームの大きさが今ひとつ実感できませんので、これは「広い」ということで。
 基本的には「庭」だと思いました。
 庭園でもあり箱庭でもあり。
 2月半ばの寒い時期で、もう一つの売りであるところの開国モノが今ひとつ。船は今月いっぱい整備中だし、何しろ寒いので、海辺にたたずみ小さな船乗りごっこなんてしていられません。ふるさとに残してきた懐かしい母に一言言うのなら、お誕生日おめでとうございました(過去形)くらいしか思いつかないのでダメじゃん自分、ていうか、またネタが古い>「宝島」。

 基本的に、いとうづの森動物公園とか門司港レトロとかスペースワールドとか、勘違い一筋40年のふるさとと同じ速度で大きくなってしまった私、テーマパークなんて信じない癖がついてしまっています。
 なので正直、<b>初手から信じないモード</b>に近かったんですが。

 いい意味で、裏切られました。
 悔しいけど85点くらい上げてもいい。
 なぜなら、いつかリベンジしたいから。すなはち<b>もう一回行ってもいい</b>から。

 ただし、宿泊した「花みずき温泉SASPA」はカード式IC公衆電話を置くなら、テレカも置くように。テレカを置く旨味がないなら、コイン使えるヤツに換えるように。
 重たいノート君を抱えて、途方に暮れた春の夜更けであったことだよ。
温度差
 昨日でどうやら、実質、Weiβの最終回状態だということなんですが。

 あたしのこと、低温だと感じてらっしゃる方もいそうですね。
 ごめんなさい、つまんないヤツで。
 チャットくらいしか更新されてないし。

 信じられないかも知れませんが、Weiβって<b>冷静にしか見られない</b>んです。
 その割に「キタY⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒(。A。)!!」とかチャットで書いてる、って思われるでしょうけれど、あの辺でいっぱいいっぱいだったり。
 ですから、キャラが死のうと生きようと、感極まって滂沱の涙、なんてことはないのですね。むしろ、ギャグにせずにいるのでいっぱいいっぱい<酷いヤツです、全く。

 自分にとってWeiβの美学って「野垂れ死に」なんですよね。
 超人的に強いわけではないから、相手が超能力者だったり、工場長だったりすると敵わない。ただし、瓦礫の下敷きからだけは、何が何でも生還する。
 つまり、瓦礫の下敷きにならなかったら死ぬかも知れないくらい弱い<b>人</b>であるWeiβ。
 路地裏で動物に踏まれてくたばっているようなWeiβ。
 しかし、じわじわ相手を殺したり何かはしない辺りだけは慈悲深いWeiβ。

 そんなドリームがあったりするので、湿っぽいWeiβはWeiβじゃない、って思っちゃったりもするわけです。

 多分、最終回でヨージさんやオミっちが死んでたら、結構ショックだと思う。
 だけど、死んだんだったら、死にっぱなしでこそ潔し、とも思う。
 理想の死に方はタイムファイヤーさんだ。
 「実は生きていた」でも「有り」に思える最期なのに、死にっぱなしだったタイムファイヤーさん。ブイコマンダーは竜也に引き継がれ、竜也の命は、千年後のリュウヤ隊長、すなはち、正当なブイレックスの操縦者に引き継がれ――。
 もしも、ヨージさんの念いを明日香ごと引き継いで、誰かが生きていけるのならば、ヨージさんは死んでも犬死ににはならない・・・筈だ。

 キョウ君や、セナ君は、どうなんだろう。
 彼らの想いを継ぐ者は、いるのか?
 否。
 想いを継ぐ者すら無く、何一つ成し遂げずに逝く生き方も、また、Weiβ。

 自分より幼い者をWeiβとして死なせた十字架を、ペルシャは、オミは、背負っていくしかないだろう。小さきものを守れなかった責を。

 贈る言葉があるとしたら、たった一つだ。

 生きろ。
勝手にサポートセンター
 御家庭のサポートセンターを勝手にやらせていただいている。
 わかんないヤツからわかんない、と言われても腹が立たないが、何年も使ってるヤツからピーピー泣かれると、妙に腹が立つ。

 もちろん、誰のことかなんてお見通しであろう。
 オマエだ、オマエ!
 ご家族の中で唯一この日記を読む可能性のある、オマエしかおらん。

 もーちょっと、勉強しておくよーに(爆)。

 自分がサポセン向けか、と問われれば、はっきり言ってNOだ。
 オタクちゃんは、「解っていることはもの凄く解るけど、解ってないことは全然解らない」からだ。
 んでもって、オタクちゃんは意外と自己評価が(かなりオレ様な人でも)低いので、「このくらいのことは自分ですら知ってるんだから、大抵知ってるだろう」と思いこみがちである<だったら、「オタクは無駄な知識ばっかり」と世間から揶揄されることはないんだけど。
 なのでつい、「相手も知ってる」と思いこんで話を進めてしまう。
 何しろ、「相手が解ってるか解ってないか」というオタクちゃんにとって「判ってない」ことは、オタクちゃんには「解らない」から始末が悪いのだ。

 解らないことを解決するのに、自分で自助努力できないのだったら、金で解決するしかない。
 そして、誰かに「やってもらう」人は、壊れても文句を言ってはいけない。
 PCつーのが家電ではない、っていうのは、つまり「壊れても文句の言えない物」だからに違いない。
 なぜなら、PCが壊れて失われる物は、物理的な物ではない。
 そんな物は金で解決できる。
 失われる物は、データだからだ。それは、完全に元に戻すことが、とても困難な代物だからだ。
 だから、意地でもこまめにバックアップを取るしかない。

 PCが家電じゃないのは、初心者と上級者が居るから、というのを、どこかで読んだことがある。
 確かに、掃除の上手い下手はあっても、掃除機の使用法の初心者、中級者、上級者・・・なんて分け方は、あんまりしないような気がする。
 使わないから解らない、という性格の人は、使わなきゃ解らないと思う。
 残酷な言い方をするようだけど、「一台目は壊すくらいの覚悟でなくては、パソコンは使えるようにならない」のである。
 まあ、使わなくても2年くらいで怪しくなるけどね、ハードディスクとかは(^^ゞ
今から100年前、ライト兄弟は飛行機を作っていた。
 ・・・という事実に、今、気づきました。
 1903年の12月17日、っていうのが、始めて動力付き飛行機が1分ほど空を飛んだってことで、歴史に記されているそうで。
 てことは、100年前の今頃、ブラザースは必死に飛行機作っていたわけだ。

 それからたった65年くらいで(1969/07/20)アポロ11号はファミコン3台(相当のビット数のパソコンと聞き及ぶ物の、演算速度は1台分との噂もあり、真偽の程は確かではない。尤も13号に至っては、計算尺で・・・)積んで月へ行ったっていうのに、落ち着いて考えれば、スペースシャトルが落ちたって仕方がないのかも知れない。
 仕方ない、などというと、お怒りの方も居るかも知れない。
 だけど、敢えて、「そういうものだ」と、私は言ってみたい。

 飛行機が安全で快適な乗り物になって、戦争に使ったって落ちずにペイするような乗り物になるまでに、一体、何機が落っこちて、何人の命が失われたんだろう。
 リンドバーグの飛行機が大西洋ひとりぼっちで翼にパリの灯を見せてやるまでにだって、四半世紀がかかった。
 コロンビアが初めて宇宙に行ってから、そして、地球に帰れず、ふるさとの大陸に降り注いでしまうまでの間に、四半世紀の時は流れていない。

 ここでもし、ブッシュJr.が、宇宙なんてどうでもいいって思っちゃったら、多分、コロンビアが生まれてから四半世紀で、彼女の次世代期が宇宙ステーションまで、かなり安全に、たくさんの人や資材を、それこそ我々のお祖父ちゃんやお祖母ちゃんが、若かりし日に初めて飛行機で外国に行った時みたいな心持ち程度までにはお気楽に、運べるようになんて、ならないと思うんだ。
 アポロの子供達、そして、チャレンジャーとコロンビアの墓標の向こうに行こうとする人たち、いつか星の海の波打ち際を越えて、ボイジャーを追って旅立つ誰か。
 そして。
 私たちがお祖父ちゃん、お祖母ちゃんになる、四半世紀かもうちょっと先に。
 私たちの孫達は、セグウェイ片手に、月まで卒業旅行に行くようになるのかもしれない。その時、私たちが「あの時、ブッシュがやぁめたって言ってたら、旅行なんて呑気なこと言ってらんなかったんだよ」と、渋々お小遣いを渡せますように。

 Bye bye COLUMBIA.
 貴女が地球で死んでしまう、最後のスペースシャトルになれますように。
危ないホームページ
 インターネットを始めて、3年半が経過した。
 と、新聞のエッセイ風に書き始めてみたりしてますが、いやあ、世界は変わりましたですね。
 ホントに、みんな楽々ネットサーフィンしてるんですから、すごい世界になった物です。ネットサーフィンって、死語ですか? そうですか。最近、なんていう言い方をするんですかね。よくわかんないですね。ブラウジング・・・も、言い古されたでしょうか。巡回する、ってのも、パソコン通信の世界ですかしらね。「見て回ってんだけど」って、口語だと言えても、文章にすると間抜けでしょうか。

 ホームページ作りました、なんて言われても、今更「君が最初にどこを見ようとオイラには関係ないモンね」なんてツッコミは無粋な世の中のようです。ましてや、「HP作りました」「ヒューレットパッカードを作ったのですか? それはすごいですね」「莫迦だなあ、ヒューレットパッカードはhpなんだから、彼はヒットポイントを作ったんじゃないか。これでどんなダンジョンも平気なんだ」というトリオ漫才も見られなくなった・・・と思います。

 作るのはいいんですよ。
 公開するのもいいんですよ。

 でもね。

 index.htmlは、置いて下さい。<b>中身丸見え</b>です。
 でもって、住所氏名年齢職業は、<b>明記しない</b>で下さい。
 ついでに、お知らせメールをCCで送るのも、やめて下さい。友達の名前とメールアドレス、<b>全部私にばれてます</b>。ついでに、そのOE5.5、バージョンが古いです。

 この日記を読むことはないとは思いますが、万一読んでしまったら、心当たりの方は、何かの対応をして下さると、私は、安心します。
 対応の仕方がわからない場合、電話して下さい。
 私の電話番号を知らない人は、私が思っている人ではありません。安心して下さいm(_ _)m
更新
 多くは、語りますまい。
 ちょっとだけ視線を上に転じれば詳細は記載してある。
怪しい講習会最終日。ファイナルベント。
 ちょいと長かったので、下のパート1から続きます。

 試験ですか?
 2時間あるんですけれど、1時間で出てきました。
 だって、わかんねーもんはわかんねーもん!
 どれだけ考えたって、知らない言葉は知らないもん。
 ていうか、奥さん。
 スタートボタンからスキャンディスクまでの道筋、そらで言える?
 確か、一人いたような気がするんです、「スキャンディスクはしたことがない」という人が・・・その人が、デフラグやディスククリーンアップはしたことがあるとか、リソースメーターを必要に応じて表示させることがある、そして、おなじところにスキャンディスクもあると知っている、って方であることを祈りましょう。
 あたしですか?
 家の掃除も車の掃除もしない汚ギャルちゃんも吃驚ですが、スキャンディスクとデフラグだけは大好きです。
 多分、この1問だけは確実に正解だと思います。

 そんなこんなで波瀾万丈の4日間24時間の中級IT講座は、オタクでなければ生き残れないし、そもそも、オイラの力尽き具合は、時間的にはそう、ウルトラマンアグルくらいの順番だったと言っても過言ではなく・・・。
 とりあえず0点ではない。オイラの占いは当たる・・・って、占いじゃない、占いじゃないよ、ママン!
 今日はこの辺で勘弁したるわ!
 次に講習受けるチャンスがあったら、上級で巻き返したるっ。
 #で、次の講習では使うOSがXPだとか、さらにその次だとかなんだよね、多分ね(^^ゞ
怪しい講習会最終日。アドベント。
 最終日です。
 今日はテストですが、何の勉強もしていません。
 何しろ、木曜に旦那にインターセプトされたため、金曜の夜にWeiβチャットが実質シフトしてしまったので、夜中まで新戦隊ろーぜんくろいっちゅの投入について語り合っていたからです。ろーぜんくろいっちゅ、投入時期といい、十字架繋がりといい、どう割り引いても「偽Weiβ」です。「偽物はスーツの色が違うんや」と、おぼろ姐さんも言っていす。

 朝の内に、ネットだのメールだののお話を、ざーっとおさらいします。
 アウトルックエクスプレスの設定の話をしているのに、MS Outlookの画面を見ている人がいますが、補助の先生も見ている本人もすぐ後ろの席の人も、気づいている様子がありません。
 あまり考えたくはないのですが、誰もMS Outlookの画面を見たことがないので、わからない、という可能性が捨て切れません。
 なお、ご本人は自宅でMS Outlookを使っておられるとか。
 OEとのとっさの区別が付かなくて、メーラーとしてしか使っていないんなら、OEの方が楽なのではないかと思います。何しろ、Outlookも毎黒製品なのですから、「OEはウィルスに感染しやすい」という理由すら通用しません。

 その後、インストラクタの心得についてを学び、代表で数名が発表します。
 講師の先生曰く、「現役のインストラクターさんは、そうでない方に譲ってあげて下さい」とのコトですが、オイラの周囲の人は皆、インストラクターさんです。プロの。
 ちょうど「大勢の人の前で喋ったことがない」という人<font color=#ccffff>柱</font>を発見しましたので、「大勢の人の前に出ると全然勝手が違いますから、おやんなさいよ」と譲って差し上げました。ああ、いいことをした。
 試写会やイベントのMCでも、やっておくものですね。
 別のお母さんは、本気で緊張して喋るネタを忘れ、大どんでん返しとして「他に方法をご存じの方」と質問するという大技に出ました。おお、と思ったのもつかの間、「・・・教えて頂けませんか?」お、惜しいです、お母さんっ! そのまま、誰かに答えさせるのですっ。因みにこの技、私も得意です。「・・・ですよ、ね? ○○さん」と、しばしば他のスタッフに名指しで訊きますと、不足があれば喋り出すのがオタクちゃんです。この瞬間から、私の使命は喋り屋さんから他人の暴走をストップする係の人になりますけどね。
怪しい講習会三日目。
 と、言うわけで、三日目です。
 まだまだ続くエクセル。奥が深いです。
 こりゃ確かに、皆さん便利に使うわけだ。
 んでもって、こりゃ確かに、お見積書、なんていうのをうっかりその辺に作っておいたり、プレゼン用の共用フォルダに入れて、共用外し忘れ・・・お持ち帰り、するよねえ、クレズちゃん。
 怖い怖い。
 ピボットテーブルとか、ピボットグラフ、なんてぇものも習いましたが、やあ、初めて見ました。
 初めて見たけど、覚えれば楽しいかも知れないな、とも思いました。
 問題は、オタクがこれを、何に使うか、ですがね。

 そして、ウチの旦那曰く「すっごい難しい」、マクロ。
 マクロといえばウィルスも同然、というくらい、おっかない代物です。
 そんなに怖いマクロなんて場所は、クリックしたこともございませんでした。
 ので。
 VBAが、マクロ作った端から簡単に見られるとは思ってもいませんでした。
 むしろ、通常版のVBの入っていないオイラのマシンには、付いてないのかとすら思ってました。
 と、いうことは、ですよ。
 ここでrunと実行すると暴走するかも、もとへ、直打ちできる分、プログラムの経験がある人には楽なんじゃないでしょうか。
 あたしは無理です。とっくに忘れましたから。

 エクセルの次はウィンドウズ98です。
 2003年6月30日でサポートが打ち切られる、と聞き及んでいますが、IT立県を目指す我が県には知ったことではないようです。
 ていうか、初日のご挨拶で、パソコン歴2年の3年のと仰有っていたお母さんたち、Win98、見たことがあるのでしょうか。
 因みにオイラは、95の軽さがとても好きです。

 引き続きネットワークです。
 有線LANの組み方を習いました。
 ありがとう、ちょうど組みたかったんだ、ビンボだから。
 ・・・ではなくて。
 今時、余程のビンボなオタクか、さもなくばどーしても無線が怖いけど設定変える勇気もない小心者以外、有線、組まないっしょ。
 受講生の中でも、有線LANを組んでおられたのは2~3人だった様子です。
 その内お一人は、PC買ったら設定と一緒にLANも組んで下さったそうです、有無を言わさず。てことは、LAN組める人は・・・・えーっと。本当にここは、中級講習会なのでしょうか。
怪しい講習会二日目。
 二日目ー。
 エクセルだったりするわけですが、俺さまちゃん、キッパリ、騙されておりました。
 誰にかって?
 いろいろな人です。

 さてここで、オイラの昔のバイト先のランプランの計算式のバグに立ち返ります。
 最初に式入れたヤツが、どっかで失敗してたらしくて、課長曰く「もし、入力して、何か変だなーと思ったら、電卓で計算してみて」という、大変、スットコドッコイなシステムになっていたのでした。
 誰かが足し算の式を失敗したらしいです。
 「これを、どっかで書き換えちゃえば・・・」と弄ろうとしたら、「全営業所で使ってるシステムだから弄っちゃダメ」とのご命令。これは、絶対おっかない、お馴染みのBASICも吃驚の、「何か失敗したら暴走するシステム」なんだべ、と、思っちゃったわけだ。

 その日から、何年かの時が過ぎ、我が家にも表計算ソフトがやってきたわけですが、その時の「おっかないに違いない」を引きずっていたアタクシ、殆どさわりもせずに、5年が経過。

 最近のメガヒットは勿論、家の旦那です。
 何しろ、オッサン、エクセルでオークションのご案内状作っているんですが、いっつも電卓で計算しとるわけです。エクセルっつーのが、マルチプランやランプランのお友達だとしたら、足し算だって掛け算だって、自分でやってくれるはず。
 しかも、オッサン、マクロっちゅーすごいシステムのことを、なんだかHTMLの親戚だと言うわけだな。
 んなこたーない・・・じゃんか!
 数式入力しようとしたら、ちゃーんと関数の一覧表が出てくる。
 てことは、綴りを間違えて暴走する可能性は、多分、無い。
 しかも、数式だって簡単にコピーできるので、手で一個一個打ち込んでいく必要も、無い。
 ましてや、run等というステキコマンドを打ち込んで実行する必要は、以下略。

 しかし所詮、毎黒製品であるわけですから、大事なデータの保管には向きますまい。
 クレズちゃんに無断持ち出しされたらヤだもんね(^^ゞ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。