謎の踊るダメ人間ヽ(゜∀。)ノ
プロフィール

かいちょー

  • Author:かいちょー
  • ども。かいちょーです。
    謎ブログですが、新星雲公式ブログになりました。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
Powered By FC2ブログ
Template By oresamachan



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

謎の原材料表示
 こないだからチャットで盛り上がってるこの話題なんですが。
 私もやっと、発見しました。
 「道明寺おはぎ詰め合せ」という、桜餅とおはぎが同時に来る、季節感のないステキな逸品です。

 <b>原材料名/つぶあん</b>

 いや、わかるからいいけど。

 この辺りだと、「桜餅」「ぼた餅」って言い方もするわけですが、季語的には、桜が春、牡丹が夏、萩が秋。
 まだ、萩よりは牡丹の方が季節が近いよなあ、などと、大変下らないことを考えてしまった、天気のいい春の午後のことであったよ。
 どんなにあったかくても、桜にはまだまだ、遠いです。
 三岳梅林の梅、咲いたかなあ・・・<だからチャットネタから続けない、自分!
スポンサーサイト
元が取れているにもほどがある
 今まであったのかなかったのか、オッサンが会社から、健康保険の利用一覧をもらってきました。
 健康保険の天引きの元は、完全に取っています。

 ついでに、住民税の元も、ほぼ、医者代で取っていました。
 ごめんなさい。
 福祉のお世話のお陰で、医者に行けますm(_ _)m

 この比較的頻繁な日記の更新は、木の芽時の前兆かもしれない・・・エースとラッキョと鋼で乗り切るよっ!<そういう乗り切り方も、如何な物かと。
手芸なんて高いんだぞ。
 ミシンの点検の人が来た。
 違うかもしれないけど、どうせ点検と見せかけて押し売りをする類の商法に相違あるまいと勝手に思いこんで、「ミシンないんです」と答えた。「んまっ」と呆れた顔で、オッサンは去っていった。

 実は本当に私はミシンを持っていない。
 コスプレの衣装だって自分で作ったことないモンね・・・って、当時は実家にいたので、昭和30年代製の電動ミシンが自宅にあったわけだが、実はこれには悲しい思い出がある。不器用すぎて、前にまっすぐ縫えないのだ。高校2年生の時、時間内に仕上がらなかったベストを家で縫っていたのだが、二進も三進もいかず、丁寧に丁寧に返し縫いをして提出したところ、「完成すりゃいいってモンじゃない」という理由で(要するに「厚手の布をミシンで縫う」ってぇのがその授業のポイントだったのね)通知票に2点が付いた。所謂5教科じゃないから、3でも2でも困るわけではないんだが、ちょっと損したような気がした。
 基本的に不器用なので、自分で服を縫う、なんていう趣味はない。
 子供が幼稚園に入る時に買おう、と思っていたのだが、結局、子供がいないのでそのまんまだ。

 ミシンの押し売りに来られても、買う予定はない。
 作るより買った方が、安くていいものが手に入るからだ。
 裾がほつれたとか、ボタンが取れたとか、そんな時は手で縫うしかないわけだから、日常でミシンは使わない。

 編み物もあまりやらない。
 昔ほど寒くなくなって、作っても活躍の場が少ないこともある。ショールやストールあたりは作ってみたいなとは思うのだが、小洒落た毛糸を見繕えば結構なお値段だし、その毛糸より安い値段で、それなりのものが買えたりするご時世だ。デザインだの糸だのは確かに安っぽいけれど、自己満足と実用性と、どっちを取るかというと実用性だ。

 多少、手芸らしいことをするといえば、ここ数年ビーズ編みに凝っている。
 3度目くらいのブームだし、ブームが来る前に否が応でも視力回復訓練と称してビーズすくいをやらされた昔取った杵づかみもあって、まあ、ぼちぼちの自己満足である。
 5×3.5くらいの、そこそこゴージャスなクロスペンダントなど作って悦に入っているのだが、これの制作費が、何だかんだで1000円。1000円あれば、そこそこのデザインの小洒落たペンダントは買える。
 結局、手芸は高いとしかいいようがないのである。
だから何って感じなんですが。
 Yahoo! アバターを、白バージョンにしてみました。
 んでもって、プレゼント抱えさせてみました。
 2/29までは、これで行こうと思っています。

 アバターをどうやって見るかというと、例えば、オイラのオークションとか探すと見られるですよ。ポスペのメールアドレスもYahoo! のIDです。

 他にやることあるだろう、自分っ。
特攻野郎Aチーム
http://www.max.hi-ho.ne.jp/cgi-bin/user/snuff/ateam.cgi

 ここでAチームの冒頭のアレを改変したものが作れるようです。
 Weiβで、作ってみました(^^ゞ

<font color="#6633cc">
アンダーグラウンドで鳴らした俺達暗殺部隊は、濡れ衣を着せられ殺されかけたが、死地を脱出し、ペルシャの手先。
しかし、瓦礫の下でくすぶっているような俺達じゃあない。
筋さえ通れば金次第でなんでもやってのける命知らず、不可能を可能にし巧みに法の手を逃れ暗黒の世界にその身を隠す凶悪犯罪者達を法に代わって裁く、俺達、暗殺野郎ヴァイスクロイツ!

俺は、リーダー藤宮蘭。通称アーやん。
剣道と読書の名人。
俺のようなむっつりスケベでなければ百戦錬磨のつわものどものリーダーは務まらん。

俺は工藤耀爾。通称ヨーたん。
自慢のルックスに、女はみんなイチコロさ。
ハッタリかまして、名前を書いたパンツからオミっちまで、何でもそろえてみせるぜ。

僕は、月夜野臣、通称オミっち。
おねだり上手の甘えん坊。
ハッキングとか、鷹取の財産と要領の良さで、お手のもの!

飛鷹健。通称ケンケン。
サッカーの天才だ。どんな敵でもブン殴ってみせらぁ。
でも工場長だけはかんべんな。

俺達は、偽りの罪を背負い、光の潰えた闇に生きる。
頼りになる神出鬼没の、暗殺野郎 ヴァイスクロイツ!
仕事がある時は、いつでも言ってくれ。
</font>

 ううむ、やっぱり微妙に、難しいです。
仮面ジャッカーゴウライジャーカブト
 「超人ビビューン」のバシャーンに似ているとか、ラッキョウに似ているとか、言いたい放題言われている、仮面ライダーブレイドさんですが、今日、やっと、1話を見ました。
 日曜日、テレビは点けてたんですが、心ここにあらず。
 その後、一回見ようとしたんですが、うつらうつら居眠り。
 で、明日はもう2話だって頃合いに、やっと。

 まあ、今まで聴いてた限り「滑舌が悪いライダー」という印象は、あったんですね。
 それでも、オープニングからジャッカーらしく番場壮吉、もとへ、早川健がいたり(違うよ)、どうやらライダーはカブトムシモチーフの割にはあんまりストロンガーに似てなくて、むしろビーファイターかもしれなかったり(カブタックでもいいけど)、要するにナイルなトトメス、さもなくばカードキャプターさくらなんだな、と思ったり、いきなり裏切り者が出た感じといい、おお、何とツッコミ甲斐のある、もとへ、見応えのある第一話だと思っていたわけです。と、ここまで一文だよ、自分。
 ところがですね。
 真のツッコミどころって言うか、見どころは、やっぱり最後に現れる。
 見どころって言うより、むしろ、聞き所。
 耳の穴かっぽじって、よぉく聞きやがれ、ってもんです。
 裏切り者かもしれない先輩ライダーに向かって、主人公が絶叫する台詞、私の耳にはこう聞こえました。

 <font color="#ff3366" size="5">
「橘さん! 雄鶏を裏切ったんですか?!」</font>

 いや、「橘さん、本当に裏切ったんですか?!」って言ったんだというのはわかります。わかりますけど。

 滑舌が悪いのはわかった。どうやら、私の得意な空耳でもないらしい。

 明日の朝・・・いや、もう今から8時間後とかなんですが。
 見ろとは申しません。
 聴いてみて下さいよ。
 もしかしたら、オープニング辺りでやってくれるかもしれませんぜ。

 「橘さん! 雄鶏を裏切ったんですか?!」

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。