謎の踊るダメ人間ヽ(゜∀。)ノ
プロフィール

かいちょー

  • Author:かいちょー
  • ども。かいちょーです。
    謎ブログですが、新星雲公式ブログになりました。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
Powered By FC2ブログ
Template By oresamachan



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

取り敢えず掲示板
http://www.has-u.co.jp/cgi-bin/free/media/u-bbs.cgi?room=galaxy
 新星雲です。
スポンサーサイト
ちょっとした独り言
 時々、無性に万年筆が欲しくなる。
 万年筆で縦書きで、原稿用紙のマス目を埋めてみたくなる。

 小説を書きたいとか、エッセイを書きたいとかいうのではなくて。
 そしてまた、万年筆で書く紙は、便せんや、手帳や、ましてや、経理の書類などでは、断じてなくて。

 小説を書く、文章を書くのなら、筆を選ばない。
 手紙やら、ましてや手帳のメモなら、乾きの早いボールペンの方が都合がいいのであって・・・そういえば、昔の便せんには、必ずと言っていいほど「吸い取り紙」が付いていたっけ。いつの間にか、高い便せんにも吸い取り紙なんて見かけなくなったなあ・・・経理の書類だって、何だか平成になってからついぞ、専用の細いあのペンで書いている様子を、見かけることすら減ってしまった。昭和の時代は、何でこれだけボールペンがダメなんだよう、と、ぶつぶつ言いながら書いていたのに(いや、経理係やったことないんだけど(^^ゞ<庶務だって営業事務だって書くんだよっ)。

 万年筆で埋めたい原稿用紙は、多分、私が愛用していて、かつ、今はもう手に入りそうもない、テー・エスのNo.52-860ではないような気がする。
 コクヨの作文用紙や、100円ショップで売っているものでもない。
 その原稿用紙は、まだ見たことのない、幻の原稿用紙なのである。

 で。
 万年筆の方なんだけど、実は全然、明確なビジョンがないんだな。
 付けペンがいいとか、チューブで吸い上げるのがいいとか、カートリッジがいいとか、そんなのもないし。それ以前に、メーカーだってパイロットなんだかモンブランなんだか。何しろ、生まれてから今まで、マイ万年筆は悉くパイロットなので、噂のモンブランとやらがどれほどのものか、全然実感がないのである。そして、パイロットの万年筆だって、そこそこのお値段のものだったら、十分に書き心地もいいのである。

 先日、モンブランの黒い万年筆を見て、買って帰りたくなった。
 そして、「ブラックモンブラン」という名前を付けたくなった。
 九州ローカルネタで恐縮だが、竹下のブラックモンブランというアイスは、とても美味しい。

 ブラックモンブランとか言っていても、私は万年筆のインクはブルーブラック派だ。ブラックのカートリッジの消費量は、今までの生涯でたった二箱であり、この伝で行けば、一生かかっても5箱、すなはち60本使わない自信がある。
捨て身のギャグを、upしました。
 <a href="http://www.shinseiun.com/maokun" target="_blank">電脳まおくん</a>のlandscapeに、<a href="http://www.shinseiun.com/maokun/neta/dragon/shindoh.html" target="_blank">振動の滝</a>のコンテンツをアップしました。
 ギャグの真髄を見た思いです。

 ホントは更新しなきゃいけないページはいっぱいあるんですが、もういっぱいいっぱいです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。