謎の踊るダメ人間ヽ(゜∀。)ノ
プロフィール

かいちょー

  • Author:かいちょー
  • ども。かいちょーです。
    謎ブログですが、新星雲公式ブログになりました。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
Powered By FC2ブログ
Template By oresamachan



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子にゃん写真
 <a href="http://www.shinseiun.com/maokun/" target="_new">電脳まおくん</a>に、子にゃんの写真をupしてみました。
 絵板に置いたのもありますが(さっきも絵板に3枚ほど別のを上げました(^^ゞ)新作(?)もあります。
 よかったら見に行ってやって下さいですm(_ _)m
スポンサーサイト
俺の屍を越えてゆけ?
 人名用漢字の範囲の見直し(拡大)案が、法務省から出ています。
 追加しようとしている文字は、
http://www.moj.go.jp/PUBLIC/MINJI46/refer02.pdf
 です(要・アクロバットリーダー)。

 得体の知れない文字が色々入っていることで、今回、物議を醸しだしています。
 その内リンク先は消えちゃうと思うのですが、
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040611-00001027-mai-soci
> 文化庁が00年、月刊誌や書籍385誌を対象に実施した出現頻度数調査を基にしたため、「糞(ふん)」「淫(いん)」「癌(がん)」「屍(しかばね)」「呪(じゅ)」「痔(じ」)」なども含まれた。

 「俺」や「誰」なんかも入っていまして、なんだかなあ、と、昨日のニュースでも言ってましたです。
 ・・・「俺」? 「屍」?
 はて。どこかで聞いたことがあるような。

 1999年6月に発売されたゲームがあります。「<b>俺</b>の<b>屍</b>を越えてゆけ」というタイトルです。結構面白いです。やってみ? ・・・ではなくて。
 文化庁、なんの雑誌を調べたのでしょうか。
 ワカモノ、すなはち、近未来のパパママが読む雑誌として、ゲーム雑誌も調べたんだろうなあ・・・なんてコトを、ふと妄想してしまいました。

 「痔」や「糞」も使わないけど、「尻」も使いたくないなあ、とか。
 「淫」とか「姦」とか「娼」とか、どーせいっちゅうねん、とか。
 「癌」や「腫」って微妙にヤダよなあ、とか。
 #いや、まあ、「癌」とか「呪」とかは、「それをはね返せ」みたいな名前として使えば、有りかな、と思わなくもない漢字ですが。
 動物の名前でも、「狼」や「狐」や「狸」はともかく、「蚤」はイヤだぞ、とか。鼠は、微妙だなあ。語感はともかく、動物として好きな人は好きだろうし。


> 当該漢字が専ら「常用平易」と認められるか否かの観点から選定を行った。漢字の意味(人名にふさわしいか否か)については一切考慮しなかった。

 これが、あたくし、微妙に引っかかるわけです。
 公平であれば文句は出ないだろう、という事なかれ主義が見え隠れします。
 しかし、「なんでもOK」じゃない時点で、既に、全然公平じゃない。
 ある程度のガイドラインを決めるんだったら、ちょっとは労を惜しめよ、と。

 ご意見は、承っているようです。
http://www.moj.go.jp/PUBLIC/MINJI46/pub_minji46.html
潔く生きて行かねばなりますまい。
 「ウナギ稚魚を不正輸出=サンマと偽る、元警官ら逮捕」というニュースに、私はかなりビビっている。
 何年も前に離職してても、「元警官」なんである。
 てことは。
 私だって、何かやらかせば--特に労働関係とか下手すれば福祉関係も--元労働省職員ってコトになっちゃうんだろう。
 ウチのオッサンだって、刑事事件ならば悉く、「元警官」になるに相違ない。

 お役人だった、ということは、それだけで、責任も重いことなのだ。
 <font color="#ccccff">よかった、文部省じゃなくて<なんのことかな~? <そりゃ青少年に有害な同じ(ry</font>

 ところで、ウナギとサンマって、似てるのかなあ。
 グーグルのイメージ検索したけど、「初がつお」とか、微妙に得体の知れない画像しか出てこなくて、ちっちゃなシラスウナギちゃんと可愛いサンマベイビーの画像を発見することができませんでした。
 魚恐怖症だから、出てこなくてもいいんだけど、「初がつお」はないだろ、と。
 教えて! 税関の人!
 ウナギとサンマって、ホントに似てるの?
 でもって、ウナギはダメで、サンマはいいの?

 しょっ引かれたせいではないのでしょうが、最近、鰻は高いです。
 実は私は、割と鰻は好きな部類に入ります。
 好き嫌いが少ないと言うより、大概のものが特に好きではないので好物が存在しないだけの私としては、珍しく、カミングアウトしますが、ええ。割と好き。
 何だか、ミソが付いたような気分です。

 絵板にウナギとサンマの記憶スケッチをしてみました。
 お暇な方は、描いてみませんか? ウナギとサンマ。
 あ。断じて、容疑者へのイヤガラセではありません。
珍しい物を更新しました。
 <a href="http://www.shinseiun.com/mikuriya/" target="_blank">エクセレント</a>の、アンジェでポンを、2年以上ぶりに更新してみました。
 例によって、「やってないのに妄想」です。

 例のばいちゅゲームにも、リンクを張ってみました。

 さて。どうでもいいことですが、「更新した時だけサイトを見たい」という方。
 左側に「更新お知らせ」つーのがあります。
 これは、日記を書いたら、「書いたよ」ってメールが届くシステムです。
 私のように、滅多に日記を書かない&更新しない人と付き合うには、便利なシステムと言えましょう。
 何でしたら、ご利用下さい。

 さて、少し体調が復活してきたので、そろそろ、引きこもりは終わりかもしれません。
頭を洗うのが下手だ
 ・・・下手なんです。未だに。
 最近また少し、髪が伸びてきたので、油断をするとつい「髪を洗って」しまう。
 頭だけでいいんだ、髪はオマケでいいんだ、と意識して洗わないと、何となく、頭がすっきりしていなくて、二度も三度も洗う羽目に陥ってしまうのだ。

 今はまだ、セミロングと言うにもおこがましいのだけど、ロングの時の私の洗い方は、こうだ。

 まず、髪の毛を後ろで二つに分ける。でもって、お下げのように前に垂らす。
 シャンプーを手にとって、気合いで頭のてっぺんだけに付ける。
 ここで「髪の毛の先に付けない」のが気合いである。「髪」に付けてしまうと、負けだ。
 そして、とにかく、頭、つまり頭皮を洗う。
 指先で押すように洗うといいらしいけど、多分、うまくいってないのだろう。
 ここで「頭」が汚れていると、シャンプーの泡立ちが悪くなってくる。
 で、おもむろに、ブラシで髪の毛全体を梳いてしまって、一旦流す。
 普通ここでブラシなんて使うと傷みそうだけど、シャンプーの泡が着いているのでそうでもない。
 「頭」が綺麗になるまで、これを繰り返す。その内、シャンプーの泡が余って、ブラッシングで毛先にまで行き渡るようになるワケだ。
 仕上げは、トリートメントでもコンディショナーでも適当に。

 そして、これは最近聞いて実践しているのだが、「寝る前に頭をドライヤーで乾かして寝る」。
 最近は頭にカビの一種とか雑菌がくっついて、傷みやフケの原因になることがあると聞いた。一番いいのは、乾かすことらしいのだ。
 「頭」を乾かしている内に、髪も乾いてくる。
 肩の辺りまでの長さでも、やっぱ、髪の根本と先端では、先端の方が傷んでいるということらしい。
 昔のような超ロングはもう、髪が保たないだろう。
 それに、伸ばしてもウエストの辺りまでの方が、あらゆることが格段に楽なので、私のような不精者は、その辺までにしておくのが吉である。お肌の曲がり角を過ぎたら、髪の毛もティーンの頃のようにはいかない、ということで、私はお肌の曲がり角なんて、とうの昔に過ぎているさ。
こんなの作ってみました
 http://avg-maker.com/79507.html
 私は、名前を入力しただけなんですけれどね(^^ゞ

 どういうコンセプトかというと、
<font color="#ff0066"><b>
 ばいちゅのアーやんよ。ミッションを発令する。
 タカトリにさらわれたオミっちを奪い返せ!
 何か設定がおかしくないかだと? 気のせいだ!
 いや、黒き作者の明日を狩れ!
</b></font>
 ・・・こんな感じ(^^ゞ

 絵面的には、ためばーぢょんを強く推奨であります。
 
占いのネタが古いらしい
 敢えて古くしている、という言い訳はさておき、新しいネタを久しぶりに投入しました。
 <a href="http://www.shinseiun.com/shinseiun/" target="_new">新星雲</a>のFORTUNEです。
 ソースを見たり、無闇にリロードすると、御利益が薄れます。

 新星雲の人は、BBSにもたまにはネタを振ってください。
 自分で振れ?
 へい、ごもっとも。
今月は1日に更新<花言葉を。
 というわけで、<a href="http://www.shinseiun.com/mikuriya/" target="_blank">エクセレント</a>の花言葉と同人誌を取り替えました。
 他にやることが色々あるはずだぞ、自分。

 ところで、さるさる日記も、その内blogに対応しそうな勢いです。
 トラックバックの全くないblogに、乞うご期待だ!
 ・・・って、トラックバックされるような内容の日記を書く気はないのかい、自分<ない。キッパリ。

 blogっていうのは、便利なような気もするけど、私としては微妙に不便です。
 何しろ、トラックバックがたんまりあれば、グーグルだとそのリンクで上の方に上がって来ちゃうわけで、そうすると、ホントに欲しい情報が、たまさか、リンクがないだけで、次のページへ潜っちゃってたりするんだよね。
 んでもって、同人系だと・・・謎の交換日記にもなりかねないのでは、って、思っちゃう次第です。でもって、必要な情報は潜っていくわけだ。
 もし、blog対応にするか否か、選択できるなら、するまい、と。
 だってトラックバックが一個もなかったら悲しい・・・・もとへ。ヲタクの雑談で、必要な情報が潜っちゃったら申し訳ない。

 この「反応がなかったら悲しい」というのを、きっと、「誘い受け」というのであろう。「ああ、かいちょーさんは構って欲しいのだな」と読み解いてしまったとしたら、それは気のせいです。
 反応がなくても、書きたい時につらつらと書く。
 素人の雑文なんてぇのは、そういう物だと思います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。