謎の踊るダメ人間ヽ(゜∀。)ノ
プロフィール

かいちょー

  • Author:かいちょー
  • ども。かいちょーです。
    謎ブログですが、新星雲公式ブログになりました。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
Powered By FC2ブログ
Template By oresamachan



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロボットから煙が出た
 ロボコン鑑賞中。

 決勝戦の途中でこんなことを書くのはなんですが、一回戦だったかで、ロボから変な煙が出た。
 マンガではよく見るけれど、何だか新鮮だったよ。

スポンサーサイト
次のライダーは、カブトらしい
 幼年雑誌等に出ている情報を、ネットで眺めてみた。

 二段変身するらしい。
 けど、サンダーマスクっていうんじゃなくて、これはやっぱり・・・。

 サナギマンからイナズマン♪

 まあ、カブトムシだから、ストロンガーですな。
 重甲! とかしないですかね(^^ゞ
 何かもう、カブトムシっていうと、ビーファイターですな。

 再来年のライダーが鉄ワン探偵にならないなら、好きに致せ。

執事がこんなところにいたぞ!
http://static.ask.jp/camp/we/jeeves.html
 メイドさんの次は執事が流行る。
 そんな予感。

執事カフェを作ろうとしている人がいるらしい
 執事カフェ。
 やはり腐女子向けになってしまうのだな。
 いや、ワシも腐女子つか腐婆なので、それでもいいんだけど。

 若くてイケメンのバイト君、てことになってしまうんだろうなあ。
 サービスとは何だ、ではなくて、コスプレの延長になってしまうのだろうなあ。
 ちょっと寂しいなあ。

 談話室滝沢、ってのがあったじゃないですか。
 イナカモンのアタシにとっては、憧れのお店の一つなワケですよ。
 コーヒー一杯1000円とかなんですが、居心地のいいテーブルと、座席ごとに軽くパーテーションされた環境で、BGMは邪魔にならない程度の低音量で。
 高い声で会話するのではなく、静かに打ち合わせするような感じの場所。

 執事カフェのイメージとは、私にとっては、滝沢みたいな感じだったんだよね。

 作ろうとしている人のブログでは紅茶メインにするらしいけど、紅茶のサービスとコーヒーのサービス、多分、コーヒーの方が簡単だ。本当に美味しい紅茶は難しい。
 果たしてバイト君風情で、というのは失敬なのだが、美味しい紅茶が淹れられるだろうか。

 まあね、「萌え」市場向けなら、いいんじゃないですか?
 場所はやっぱ、池袋ですか?

 ただ一つだけ譲れない物があるぞ。
 それは。

 安っぽい内装の店にはするな、ということだ。

 元高めのレストランかスナックを居抜きでゲトして、軽く改装したらいい。
 一から作る必要はない。

 何しろ執事である。

 メイドさんなら、その辺のご家庭でも、ダスキンメリーメイドさんに来てもらうことができるけれど、執事に来てもらえるご家庭はないぞ。
 安ピカではなく、小綺麗であれ。

 多分できたら、こっそり、行く。

義経 ?行くぞ白童子!
 昨日の義経ザマスよ。ご覧になりました?<誰に言っている。

 喜三太、生き延びてうつぼとラブラブエンディングとか期待したんですが、アカンかったですね。残念。

 さて、歴史物は、基本的にはラストがわかっているので、たいてい驚かないんですが。

 私の記憶の立ち往生>義経が無事にご自害(つーのも変だが)できるように、弁慶自ら盾となる。
 昨日の立ち往生>「ねえ弁慶、ちょっと矢に刺さっててくれない?」「え゛ー、しょーがないなあ義経くんは」。

 私の記憶の義経ご自害>弁慶さんが立ち往生して動かなくなったあと。
 昨日の義経ご自害>弁慶さんが笑顔で見守っている。

 私のドリーム義経死後>義経の魂は白童子の姿を借りて、京を鞍馬を鎌倉を奥州を駆けめぐる。
 昨日の義経死後>お堂の屋根を突き破って白童子襲来。これが最後の白童子とは思えない!

 馬が出ましたよ、としか言いようがない。
 いや、悪くはないんです。
 悪くはないんですが。

 間の取り方が下手だなあと。

 ジンギスカンエンディングでも何でもいいから、もちょっと、間を。
 間を何とか!

 陳腐でも何でもいいっすよ。

 白童子ビジュアルで、マツケン、ナンチャン、うじき、ワカゾー・・・そして、静たんうつぼたん、関わったたくさんの人々、大好きな兄上、遙か北の町で暮らす親子(北に落ち延びたネタね)、草原に白馬を駆る若者と後を追う騎馬たち(ジンギスカンエンドね)、現代と過去が混在し、白童子と義経は光り輝き金粉を捲いて昇り行く先は新しい世界、父も母も、平家も源氏も、戦することのなき浄土・・・。

 そんなんでいいから、間を。
 もちょっとテンポと間を何とか_| ̄|○

 でもって、その、ゴジラのように出現するのやめなさい、白童子。

 これ以上の衝撃を求めるとしたら、赤いマフラーなびかせて帰ってくるしかないかも。

 ・・・ねえ、いいの? ほんとにこれで。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。