謎の踊るダメ人間ヽ(゜∀。)ノ
プロフィール

かいちょー

  • Author:かいちょー
  • ども。かいちょーです。
    謎ブログですが、新星雲公式ブログになりました。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
Powered By FC2ブログ
Template By oresamachan



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いいともにアバレブルー。
 元アバレブルーとして紹介(^^ゞ
 あんまり変わってないですね、富田翔くん。

スポンサーサイト
801橋商店街のやおいちゃん
 http://www.kics.gr.jp/kita/801office/yaoichannews.htm

 こちらのサイトだが。

 あまり虐めてやるなよ、という気分になってきた。
 誰か止める人はいなかったのでしょうか。

ズレータさん
 ジョージのいない今、主砲なんですから、無茶しないでください。

 けど、世界的には、ジョージ・マッケンジーじゃなくて、「ジョー」なのね。
 誰か、城島健司は「ジョージ・マッケンジー」と聞き間違えられると、メリケンの人たちに教えてあげてください。

グーグルで検索する。
 うららちゃんのブログが、あるバンドのファンの女の子の体裁になっているわけだが、そのバンド名でぐぐると、もう、引っかかる。
 さすがだね、ブログ。

どこまでが手動で、どこからがスクリプトなんだろう。
 トラックバックやコメントスパム。
 果たして、手動でやっているのか、それともスクリプトなのか。

 「日記読みました、面白かったよ、ウチにも来てね」の類。

 特定のキーワードを各ブログから拾って、その引っかかったブログのコメント欄に、自動的に同じ文面を飛ばす、なんていうのは、作れるような気がするんだね。
 手動だったら、もちょっと「ここのところに同意」とかいうのを挟む・・・なんていうのは、いちいちやらないのか。そんなの挟まなくても、「読んで下さってありがとう!」とコメント返ししちゃうほど、いい人が多いのは、某火驢馬で散々見た。

 本当に読んだのかどうか、なんてのは、普通にコメントを見ればわかる。
 わかる、と思うのは、私の思い上がりなのか?
 それとも、伊達と酔狂だが4年ほど通った文学部の講義の賜物なのか?

 FC2は、まだマシな方だ。
 雨風呂が一番すごい。
 昨晩撒き餌をしたら、今朝2匹も掛かっていた。
 結構動きの早いアメブロで2匹だ。
 もちろん、速攻消した。
 火驢馬と雨風呂は入れ食い。いい釣り堀になりそうだ。けど火驢馬の釣り堀は、ただいま完全放置です(^^ゞ

トモダチ
 「トモダチ」というカタカナを、みんなのfepが覚えている。
 君が遠くに行ってしまったあとでゲトしたfepも、もう、トモダチという単語を覚えてしまったようだよ。
好きなものを並べる。
 もし、ここに、好きなものを並べたら、同好の志がブログ検索して見に来てくれたりするんだろうか。

 小説とか漫画とか、アニメとか特撮とか。

 けど、書いてるヤツが婆では回れ右かな(^^ゞ

 アニメ編。


[もうちょっとだけ続くんじゃ]
ブログ検索、なんてのがあるんだね。
 検索ワードは「テキストサイト」。
 ブログの更新順に出てくるのだろうか。

 文字弄り系のテキストサイトを、やってみたかった時期が私にもあったけど、殆どほったらかしたなあ。
 せいぜい
http://www.shinseiun.com/maokun/neta/kamban.html
 こんな感じが精一杯だったなあ。
# 恥ずかしいのでURL書くけど、リンク張らない(^^ゞ

 生赤松は、最近も、その辺りで遭遇します<無意味に色変えない、自分。
最近、アホかいなと思ったブログ
 すごくどうでもいいことだが、「続きを読む」というのがある。
 このブログでも、それが出せる。下の[Read More...]ってのが、それだ。

 これは、書き出しに興味がなかったら全文読むまでもない、という、ステキな機能だと思う。
 だが、しかし。


[もうちょっとだけ続くんじゃ]
デザインを変えてみたぜ。
 黒っぽくしてみた。
 どうだろう。

 デザイン上、テンプレのままではなくて、htmlやらスタイルシートやらを弄らせていただいた。
 久しぶりにスタイルシートを見ていたら、何が何やらサッパリだ。
 人間は容易く退化する。

 何しろ、テンプレートを変えると、本文のバランスも変わってしまうのだ。
 テキストサイトよろしく、文字を楽しく弄っている場合ではない。
 5年くらい前に買った分厚いHTML辞典を久しぶりに開いて、小一時間文字列を弄くる。
 この辺りが、通常のサイト作りとは違うところなんだろうか。

 全く、気楽なことではない。

放置しすぎ
 たまには書かねば。
スイート・ミューゼズ
 こうやって、トラックバックすると、それが「リンク1」ということになる。
 リンクが増えれば増えるほど、グーグルタイプのロボットに拾われやすくなる。

 彼女たちの物語がどう広がっていくのか。

 もしかしたら、リアルタイムで覗いていけるかもしれないのだ。

 乞うご期待♪

そいや、こんなのもあるんだぜ
http://sns.fc2.com/
 まあ、明らかに胡乱だけど、微妙にカッコイイかも。

 元々友だちがいるところからスタートしないと、二進も三進もだよね。
 マルチの巣窟になったらどうするんだ(爆)。

 メイドロボじゃないぞ>マルチ。

民族音楽をあなたに
 むか?し昔、まだ婆が高校生くらいの頃の話じゃ。
 確か、こんなタイトルのラジオ番組があった。
 正しいタイトルだったかは自信がないし、このタイトルでぐぐってもあまりヒットしない。だから、ちょっと違ったりするかもしれないし、婆が思っている以上に、マイナーだったのかもしれない。

 FMだったかAMだったか、NHKだったか民放だったかも覚えていない。

 この番組で、ケーナで演奏している「コンドルは飛んでいく」を、聴いた。

 「アンデス少年ペペロの冒険」というアニメがあって、そのヒロインがケーナというのだが、その子の名の由来になった楽器だ。
 アニメではピッコロサイズの横笛だったが、笙のように束になった物もあるのだということを、私は、番組が終わって随分経ってから知った。
 ペペロのオープニングは、コンドルは飛んでいくのパク・・・リスペクトになっていて、私にとってケーナで演奏するコンドルは飛んでいくは、ちょっとした憧れだった。

 初めて聴いた、サイモンとガーファンクルじゃないコンドルは飛んでいくは、土臭くて温かくて、そして、乾いていた。
 ケーナとペペロというより、失われた王国の王女のイメージだった。キャラの名前は覚えていないけど、キャストが江川菜子さんだったんだ(こういう覚え方が、今でも連綿と続いていて、最近は主に遙時あたりで発揮されている)。

 あの、ケーナの後ろでポンケケポンケケ音が出ていたのは、今思えば、チャランゴだったのかもしれない。
 そして、私の中のペペロは、だいたいその辺りで、完結した・・・筈だった。

 その時から十年ほど経って、とうとう「お気に入りの声優さんが年下」という時代が来てしまった。
 よもやその、声はカッコイイのに顔と合っていない坊主が、後に自分の娘に「けいな」ちゃんと名付けるなどど、誰が想像したであろうか。
 運命もまた、糾える縄の如く、長く細く連なっていく物のようだ。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。