謎の踊るダメ人間ヽ(゜∀。)ノ
プロフィール

かいちょー

  • Author:かいちょー
  • ども。かいちょーです。
    謎ブログですが、新星雲公式ブログになりました。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
Powered By FC2ブログ
Template By oresamachan



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

非定形型鬱と登校拒否の対応。
 これは、今思いついただけのことなので、なーんの裏付けもないし、資料すら当たってない。
 オマエ鬱病で無限ヒキコモリなんだったらそれくらい調べろと言われそうだが、鬱も慢性化したらコミケくらい行けるので、それどころじゃないでぃすヽ(゜∀。)ノ


 昔は、登校拒否なんかしたら、かーちゃんや担任が担いででも登校させた。
 まあ、ズル休み、と思われたわけだ。
 そんなのがいいことだとは、正直、思えないよ。
 まあ、あたしなんか保健室登校のハシリでね。なんとか保健室に入り浸るために涙を呑んで図書委員を諦めて保健委員になってみたりしたけど、適職ではなかった。なぜなら私の2000の必殺技のひとつに、もらいゲロというのがあり、結果的に病人が二人になるだけだったよ。すみませんやっぱり図書委員やります。学級文庫の充実と図書便り作るの楽しいです天職です鉄筆でガリ版切って輪転機で印刷します、これが後の同人作家である。
 それでも、昼休みは校庭で元気に遊ばずに保健室にいたわけだが、半分くらいは普通に具合が悪かった気もする。あれ? 一年の内300日くらい、どっかの病院に通ってたからなあ。みんなその時間を塾に行ってたんだろうなあと思うと、40年近く経った今でも妬みで腹が立ってくるんだぜ。ああ健康なヤツらが憎い。死ねばいいのにといくら呪っても私の方がカクジツに先に死ぬッ!

 さて、そのうち、登校拒否は本人の自主性に任せましょう、みたいに言われるようになった。
 学校へ行かなければ行かなくていいよ、フリースクールもあるよ、と至れり尽くせりになってきたわけだ。
 フリースクールがあった方がいいのかなくていいのかは、私にはわからぬ。
 しかし、ないと駄目な人もいるだろうとは思う。

 その一方で、そんだけ至れり尽くせりの逃げ場を作りすぎて、逃げ場のない社会に出られなくなってはいないのだろうか、と、ちょっと思った。
 会社に行きたくなかったら行かなくていいよ、というワケにはいかないけど、今まで「行きたくなかったから行かなくていいよ。楽な方へ通ったらいいよ」と休ませてもらえていたんだから、そりゃあ、しんどいだろう。

 
 ホントにちょっとした思いつきに過ぎないので、気のせいかもしれない。
 そして、何でもかんでも担いで登校させて、授業を受けさせるだけが解決方法ではないのもわかってる。
 だけど、学校が駄目なら保健室へ、それも駄目ならフリースクールへ、フリースクールに行った分高校の単位にしてやって下さい、って、親や社会が転ばないように先回りした結果だったりするんじゃないか。
 ホントは、転んでも泣かないように、親や社会が、ちゃんと受け皿だけ作っておいてやるくらいでいいんじゃないか。その受け皿がフリースクールかもしれないけど、泣いたからすぐ受け止めるんじゃなくて、大出血して救急車呼ぶレベルでいいんじゃないだろうか。

 過保護は子どもをスポイルする、というのは、こういうところにもあるような気がしてくるよ。 
スポンサーサイト

テーマ:うつ病(鬱病)、メンタルヘルス - ジャンル:心と身体

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://shinseiunkaicho.blog8.fc2.com/tb.php/145-731aa303
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。