謎の踊るダメ人間ヽ(゜∀。)ノ
プロフィール

かいちょー

  • Author:かいちょー
  • ども。かいちょーです。
    謎ブログですが、新星雲公式ブログになりました。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
Powered By FC2ブログ
Template By oresamachan



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

貧血。
 朝目が覚めると、脳から血の気が引いていた。
 歩くと、脳味噌が散歩下がってワシの影を踏まず、という感じで付いてくる。
 アカン。
 2日目の参加は、飛行機の都合であまり余裕がない、という状況を鑑み、断念。
 本当は二日目にこそ行きたいんですが・・・(TT)。
 元々、SFとか特撮が好きなんです。

 そして、思いつきで、赤穂浪士の墓に参りに行く。バス停三つ分くらい歩く。意外と遠かった・・・(TT)。
 泉岳寺は、思ったより小さいお寺だった。
 赤穂浪士のお墓も、思ったより狭いところに、さらっと並んでいた。
 明らかに脳髄が寝ていたので、適当な人の墓の前で、「許してやるから休めよ」等という、間違った戒名を読み上げる。
 どなた様かは存じませんが、成仏していて下さることを切に祈る。罰が当たりそうです。
 取り敢えず、エモシチの墓に参る、という当初のオレ目的は果たしたので、私は勝手に「ヨシ」とする。
 エモシチとは、四十七士の内、大石内蔵助の息子・主税とともに、元服したばっかりなのに参加した、言うなれば少年義士、矢頭右衛門七の事です。
 某「元禄繚乱」では、今井翼くんが演じていて、吉良上野介の養子の義周くん(演・滝沢秀明くん)と、私の知らない赤穂浪士の世界を、らぶらぶに展開しておりました。いいんですか、NHK、ホントにアレで。

 陽のある内に上空から見た、年の暮れの帝都の空は、スモッグが晴れ渡り、清々しかった。
 確かにアレを見れば、ディーゼル車を規制したくなる、石原くんの気持ちも理解できようと言う物である。
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。