謎の踊るダメ人間ヽ(゜∀。)ノ
プロフィール

かいちょー

  • Author:かいちょー
  • ども。かいちょーです。
    謎ブログですが、新星雲公式ブログになりました。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
Powered By FC2ブログ
Template By oresamachan



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

若い同人屋さんの、素直な感覚だなあと思ったよ。
 大変今さらなんだが、「漫画描きと小説書きの間の見えない壁 」というタイトルのブログを見つけた。
 書いているのは30代のお嬢さん。
 絵描きさんであるようだし、字書きさんに酷い目にあったのだなあと感じる。
 気の毒なことだが、それだけ描ける人だったんだろう。描ける人は妬まれやすい。

 昭和の50年代の前半、コミケットなんかがまだあったりなかったりくらいの頃は、小説の同人誌は敷居が高かった。
 宇宙塵とかね、とても、中学生の小娘が入り込める世界じゃない。
 その点、漫画は、中高生でも手軽に入り込めたから、爆発的に広がったんだと思う。
 上で栓をする人がいなかったワケだ。

 で、オイラもその、ご多分に漏れず、「楽だから漫画の同人誌」を始めたザマスよヽ(゜∀。)ノ
 下手だったけど。
 ろり絵だったし、まあそこそこ。
 ・・・ごめんなさい嘘です過去形じゃないですぅ_| ̄|○<そこそこのところじゃなくてろりなとこ。

 まあそれでも一応、子どもの頃から文学部に行くと決めてたから文学部に行って、小説の同人誌も出しやすくなったから(ワードプロセッサ様は神様です)、小説に戻ってしまったけど。

 絵描きのワガママにはホント、泣かされたなあ。
 絵描きは大変なんです大変なんです大変なんですぅ! って騒いでるけど、そのベタくらいオイラ塗ってあげるよ? 指定してくれたらトーンだって貼れるよ? 集中線だって引けるし、手で点描も描けるよ?
 印刷に出ないからベタをムラなく塗れって頼んでも毎回ムラムラだしさ。
 いやあ。
 21世紀っていい時代だねえ。
 集中線も点描もトーンがあるし、デジタル原稿ならベタムラなしだ! ひゃっほぅヽ(゜∀。)ノ<心底喜んでいるのは私ですごめんなさい。

 小説なら簡単に書けるでしょったって、「漫画だとネタで済むことが、小説だとちゃんと資料に当たって嘘を書かないようにしないといけない」んだね。
 絵を一枚描けば終わる背景だって、小説はそんな楽できないんだよ。

 つまりだ。

 逆の立場になれば、相手が楽してる、ズルしてる、って見えるわけだ。
 極端な話をすれば、「基本的に自分の絵は同人誌に入れない」ことにしてる御厨さんは、「扉とか挿絵とか、オレ様ちゃんのページなんだから自由自在に入れちゃうよ」という綾辺さんが憎い<同一人物なわけだが。
 一方綾辺さんは、「御厨さんパロディだから同人誌いっぱい読んでもらえていいなあ」と思ってる。イヤ今のジャンルは半端なく売れてないわけですが。どうしよう自分。このままでは綾辺さんに負けてしまうではないか。洒落にならねえ!

 小説が楽に見える人は、まだまだお若いと思う。
 小説は難しかったんだよ。
 そして今でも、本当は難しいんだよ。
 小説にはどっかに「ブンガク」という尾てい骨があって、漫画ほどフリーダムなことをやっているわけにはかない。
 フリーダムにやっていれば、一時は何とかなっても、早晩潰れる。
 ブンガクとエンタテインメントの切り替えが、あっさりできるようになるまでには、最初から「漫画学」の存在しない人たちより余計に時間がかかる。

 ワタシは文学なんて書いてないわ、という字書きさんもいるだろう。
 だけど、ボクらが誰も尻尾を持っていないけど尾てい骨があるように、ブンガクは小説の中に尾てい骨として残っている。
 その尾てい骨を切り捨てたと思われる物が、ケータイ小説なのかもしれない。
 だけど、その尾てい骨のないケータイ小説を、大半の人は、別種の物のように受け止めている。
 ヒトとチンパンジーは似ている。ニホンザルともまあ、似ている。けど、さすがにヒトとパンダとは似てないなあ、共通項哺乳類くらい? の違い方で。


 絵描きさんは、負担が大きいと思うなら、はっきりそういえばいい。
 いや、そう言うべきだと思う。
 絵描きでも字書きでもない「同人誌編集者」という立場からすれば、それは言ってくれないと困る。

 あとまあ、アレだ。
 若い字書きさんは、同人誌編集者、つまり他人様の原稿も預かるなら、漫画の勉強もした方がいい。
 ホントわからなかったら適当に加工する前に訊いて。つか、やるから。一旦描いちゃったら、あとでどうこうする作業は、絵の方が楽だから。特にデジタルになった今、格段にラクチンだから。チャットの片手間でもできるから。
 ・・・ごめんなさい嘘です。それで何回OS固まったか_| ̄|○


 つまり、執筆から編集から何でもできてやっと一人前のボクらの世代より、個人で何でもやっちゃえばいい30代以下の皆さんの方が、そもそもスタート地点でものすごくラクチンなんですよ。
 漫画がー小説がー、って騒いでるお嬢さん方は、昭和50年代にタイムスリップしたら、何も作れないと思います。だけど、タイムスリップする可能性はないから、安心して同人誌を作って下さいね。
 21世紀サイコー!!!!!

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

コメントくださった方へ。
ありがとうございます。
リンクフリー、討論もフリーですよ。
叩き台にしてくださいね。
【2008/12/15 11:59】 URL | かいちょー#管理人 #2XqQ1jaA [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2008/12/15 09:46】 | # [ 編集]

コメントありがとうございます。
>ののこ様
 ようこそお越し下さいました。
 お友だちとのステキなエピソード、ありがとうございます。
 絵描きとか字書きとかではなく、表現者としてリスペクトし合えれば、対立にはならないと思うのですけれどねえ。
 コミケではどうしても「売り上げ」という目に見えるモノサシがあるので、どうしても、絵描きさんの方が優れていると思い込んでしまうのでしょう。だからといって、絵描きが傲慢になり、字書きが卑屈になる必要はないのですが。

 今は、ウェブで作品を発表する手段がありますから、そこで見本を見てもらうという方法もあるのかなと思います。
 ただ、今の私のように、ウェブでの交流に乗り遅れたら、完全に空気ですけれどね(^^ゞ
 サイトも全く反応がなく、コミケで同人誌も売れない。四半世紀以上やってきてこんな状態が初めてなので、何とも不思議な気分です。

 それに、小説は、読者のレベルに依存するのでよけい難しいのですよ。
 昨今の国語教育では、文字から情景を想像する能力は、間違いなく低下しているでしょうから。
 また、かつては「小説の同人誌を愛読する高尚な私」に酔っている層がいたような気がしますが、最近は、そういう勘違いした層も減ったのではないでしょうか。

 私は、高尚な文学者様と笑われても構わないので、あまり下品な書き方をしないように、それでいて、エロスならばエロスを描けるような文章を書いていたいて思っています。
 ののこ様は、今は同人誌はお休みでしょうか?
 また、何かがバーンと爆発して、書きたくなるかもしれませんよ。

【2008/04/11 10:57】 URL | かいちょー#管理人 #- [ 編集]

難しいですね
初めまして。
私も以前字書きで同人をしておりました。そして友人が漫画書きw
小説の大変さを身に凍み、尚かつ友人が一枚の絵で全てを表せる事を羨み…でした。
けれど、お互いコミュニケーションをとりつつ、相手の作品を尊重していくと薄れていった事を思い出します。
それぞれ大変。それぞれ羨ましい。でもやっぱり小説は難しい(笑)<矛盾のようですがw
いや、本当に一目で中身や雰囲気が分からないからどう読ませるかから始まって、本当に考えますよね。
今の同人の小説を書いていらっしゃるお若い方々は、どのような姿勢と見立て方で書いていらっしゃるのか、気になりました。
【2008/04/10 21:09】 URL | ののこ #Qi8cNrCA [ 編集]

拍手にコメントを付けてくださった方へ。
 コメントにコメントを付けて、それを見る手段がないようで、放置したようで申し訳ありません。
 大変励みになりました。
 ありがとうございました。

 私は何しろ、岡目八目で、多少、呑気な目で見られたのだと思います。
【2008/02/05 13:45】 URL | かいちょー#管理人 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://shinseiunkaicho.blog8.fc2.com/tb.php/88-fc5fc47b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。