謎の踊るダメ人間ヽ(゜∀。)ノ
プロフィール

かいちょー

  • Author:かいちょー
  • ども。かいちょーです。
    謎ブログですが、新星雲公式ブログになりました。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
Powered By FC2ブログ
Template By oresamachan



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「好き」にはスゴイ力があるんだよ!
 アニパロとかゲームパロを書くようになって、気付いたことがある。
 それは、何かお話を書くに当たって、「好きなものを書く」というコトの大切さだ。

 好きなものを好きなように書くのは、当たり前のように言われるけれど、意外と難しい。
 自分のオリジナルだったら、敵役や、憎まれ役まで含めて、自分が生み出した子たちだから、全部大事だ。
 だけど、他人様の世界観を拝借するパロディとか二次創作とかいうモノになると、どうしても好きなキャラクターと嫌いなキャラクターがいる。
 連続物だと思い通りにならないことも多い。
 設定が破綻して、どげんかせんといかん、という気分になることもある。

 まあ、ダメなモノはダメだからしょうがないんですけれどね(^^ゞ

 ダメ、と、嫌い、は、実は違う。
 ダメでも好きな物はあるし、好きでもダメな物はある。
 ダメだけど好きだ、好きだけどダメだ、という感性は、多分、子どもの内はわからないんだろう。

 どんなにダメでも、好きであれば、優しくなれるはずだ。
 好きなものを書けば、どんなに悲しい物語でも、優しくなる。
 その優しさは、甘やかしではなくて、何ていうんだろう。
 ぜったいに、とは言わないけど、伝わるはずなんだ、読んでくれる人に。


 実はこの世には「仲間に厳しめ」というカテゴリのあるジャンルが存在する。
 主人公以外のキャラクターを嫌悪したり憎悪したりして、その憎しみを糧に創作している。
 それは、読んでいてもとても辛いし、書いている人もとても苦しそうだ。
 だって、好きじゃないものを書くんだもの。
 今のところ、ひとつのジャンルでしか聞いたことがないけれど、これは広まらないで欲しいと思う。
 私はその原作を未プレイだけれど、もしかしたら、ダメなのかもしれない。
 たいそう売れたようだけれど、売れたからってダメじゃないとは限らないのは、目の前のソフトが体現している。がっかりだよ。
 ダメだけれど愛おしくてたまらないので、私は彼らを借りて物語を書いている。
 「好き」には、ダメを超越するパワーがある。
 嫌いとか憎いとかいう負の感情にもものすごいパワーがあるけれど、そんな超常マイナス飛びきり全壊パワーは、悪の超能力者が地球を滅ぼす用にとっておけばいい。

 いうなればこれも、言霊の一種だと思う。
 好き。大好き。
 そんな言葉の力の方がいい。
 せっかく遊ばせてもらうなら、人に優しくしたいじゃないですか。


 さて、ここでひとつ白状しよう。
 いま私の脳内では、101回目のプロポーズの時の武田鉄矢が、贈る言葉をBGMに佇んでいる。
 ヒトは、誰かが好きだったら死なないでいることもできるし、人に優しくなれると思う。
 ネタ元がよくわからない人は、「101回目のプロポーズ」や「贈る言葉」で検索すれば、どんなステレンキョウな状態か、ガッテンしていただけると思います。
 ブログパーツにガッテンボタンってないのかなあ<ホントもう何書いてるんだよ自分・・・。

スポンサーサイト

テーマ:二次創作 - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://shinseiunkaicho.blog8.fc2.com/tb.php/95-d6a9d533
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。