謎の踊るダメ人間ヽ(゜∀。)ノ
プロフィール

かいちょー

  • Author:かいちょー
  • ども。かいちょーです。
    謎ブログですが、新星雲公式ブログになりました。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
Powered By FC2ブログ
Template By oresamachan



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あまり記事として書くチャンスのなかったTIGER & BUNNY
 最終回で、バニーちゃんのまつげの長さに気付くこてっちゃんであるが、今さら思ったんだが、実はバニーちゃんは睫毛も金髪なのではないか。
 トレスでは睫毛は実線だけど、眉も金髪だし、リアルバニーは睫毛もキラキラした金色であんまり目立たなくて、そもそも男の睫毛なんかに興味もないこてっちゃんは、最終回にして初めて、バニーちゃんを間近で見たのではないか。
 そして、今まで「見えてなかったまつげの長さに気付く距離」。

 取り敢えず乙女は萌えておけばいいんだか、しまった空白の十ヶ月の間に睫毛どころかもっと酷い目に遭わせてしまったと後悔したらいいんだかよくワカランのですが、唐突にこんなことを思ったのです。

 あんまり「アメリカン」ということは意識させずに書かれているし、考えすぎのような気もします。
 ただもし、そういう意識で描いていたら楽しいとは思う。
 多分、タイバニを見ているオッサンオバチャンは、アメリカのドラマなんかもワクワクしてみている世代だし、もうちょっとどこかで「アメリカ~ン」な雰囲気が(背景とスーツのデザイン以外でも)あってよかったような気がするのだ。
 もしかしたら、アメリカ、特に西海岸、有り体にいうとカリフォルニア辺りへのアコガレというのは、オッサンオバチャンと言うより祖父さん祖母さんへのカウントダウンの始まったアラウンド50辺りが年少さんなのかもしれない。
 私はまさにその世代、桂先生とは同い年だし、監督ともさほど年は違わない。
 だからそういう同時代性の中に心地よく浸ってしまった感は否めない分、アメリカン分の不足には少し飢えていなくもないのだ。

 第2期を作りづらい、というより作る気のない完結のさせ方をしたなと思うのだけけど(私はこういう潔い終わらせ方は好きだ)、もし作るというのなら、もう少しばかりアメリカ~ンなテイストが増えたら楽しいと思う。
 けど無理して作らなくていいのよ、とも思っている自分がいて、実のところ胸中複雑なのであるよ。
スポンサーサイト

テーマ:TIGER & BUNNY - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://shinseiunkaicho.blog8.fc2.com/tb.php/962-22ca9ac9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。